2016年4月30日土曜日

シャガの花が咲いている御殿場の小道



シャガの花の色は人を落ち着かせる風情があります。この時期4月から5月は道端にシャガがいっぱい咲いています。本当は自宅にもシャガの花を植えたいのですが今年は無理のようです。







四季折々の花を楽しむ御殿場の散歩道

御殿場は富士山がよく見えるところです。晴れた日の富士山も素敵ですが雨の日もしっとりとしていていいですね。ところで森が多い御殿場ですが咲いている花も楽しめたりもします。たとえば桜やつつじとか四季折々に花が咲いては次の季節へとバトンタッチしてゆきます。

桜やつつじほどよく知られている花ではないのですがシャガの色は本当に綺麗ですね。散歩するたびにこの花って綺麗だよね!と思ってしまいます。

今日も秩父宮記念公園へ行きましたがもちろん秩父宮記念公園の入り口あたりにもシャガがたくさん咲いていました。どちらかというと大きな樹木に囲まれていて光のトーンが落ちている秩父宮記念公園ですがその中でもシャガはそっと自己主張しているようでみていても楽しめます。


自生している植物にも魅力がいっぱい

自生している植物で花が咲く植物も多いようです。シャガもそのうちのひとつでしょう。別荘地に自生している植物の特集などもありますがシャガはわりとよく見かけるので特別な印象を持たないかもしれません。

でもシャガの花の色はアヤメによく似た白い花ですので強烈な色調のカラーばかりみているとほっとするような色感なんです。

自生している植物で花の綺麗な植物も多いようです。でも印象的に安らぎを感じるシャガは好きな花です。



グリーンに囲まれた自然環境の中でナチュラルなシャガの色



白という色は森林のグリーンの中ではほっとする色のオアシスのようです。しかも一面に広がるシャガにはやっぱり春がやってきたんだなぁ!と思って安心しますね。

真冬だとこの寒さは永遠に続くのではないだろうか?という不安を感じます。そんなことはないんですが寒さは暗さにもつながる気がして活動的ではなくなってしまって・・・

その冬から徐々に季節は春へとチェンジしてゆきます。桜が咲いてそしてシャガが一面に見られるようになると夏が駆け足でやってきそうですね。

ディープフォレストの緑が深くなるのも春から夏へかけででしょう。しかも新緑の鮮やかな緑へと変わってゆき夏が訪れます。



いかがでしたか?
なにげない道端に咲いている花にもシーズンの変化があらわれてきて散歩しても楽しさが増してきます。