2016年4月26日火曜日

意外に気が重くなる長旅の疲れとホテル選び

食事で決まるホテル選び

船旅ほど長期ではなくても忙しいビジネスマンにとっては1週間程度の旅行でもかなり長いですね。有給休暇を組み合わせても1ヶ月は休めません。

旅行にはホテル選びがつきものです。これが意外と難しかったりもします。あまりホテルは好きではないのですが・・・自宅とは違って疲れますから。

ホテル選びで重視したいのは食事でしょう。ホテルの朝食バイキングは避けたいところですね。食べ放題といっても食欲のほうが追いついてゆきません。食べ放題バイキングって正直にいってあまり美味しくはないんです。

それよりも少しの量でも食べて満足できる美味しい朝食のほうがいいと思います。もちろんディナーのバイキングは少ない気がしますが。

日本料理か洋食かはホテルのコンセプトでわかりますしそのホテルのHPにもホテルのレストランでの食事についてはメニューが載っています。好きな食事が食べられそうなレストランのあるホテルを選ぶだけですね。

付近にあるグルメスポットを調べておく

いつでもホテルで食事では飽きてしまいます。夕食は他で食べるという選択もありですね。そのための事前調査も重要です。グルメサイトの評価記事も参考になりますが悪い評価しかないレストランは無いわけですからもしもそのレストランの評価が悪いとしたらどんな理由で評価が悪いのかを知っておくと期待はずれになることも少ないでしょう。

ホテルは読書に向いているようで照明が暗かったりして長時間の読書には向かないところも多いようです。もっともわざわざ旅行先へ本を抱えて読書のために行くこともないわけですし・・・

一番気が重くなるのは服選びでしょう。ホテル内で過ごすためにあったらいいなぁ!というコーディネートは感心できません。かばんがおもくなるだけですから。


ホテルがくつろがない理由は自宅ほど自由度がない点でしょう。調度品も自分好みではないですしベッドルームも寝心地が悪かったりします。そして着替えの用意が少ない点ですね。これは痛い!疲れる原因のひとつでしょう。


それと好きな音楽が聞けないこともあります。わざわざ旅行先に好きなミュージシャンのCDを持参することもないので旅行中は諦めですね。

バス用品も好みではないことも結構あります。ボディーソープなども好みがあります。ある程度の妥協は必要なのがホテルなのでしょう。


いかがでしたか?
ホテルにも格安ホテルから高級ホテルまで様々なタイプがあります。お好みのホテルが見つかるといいですね。昼間の移動の疲れを解消するのがホテルでの睡眠なので寝心地が悪いと疲れが蓄積します。