2017年5月7日日曜日

軽井沢茜屋珈琲店と鎌倉備屋珈琲店の雰囲気が似ている点について



最初に江ノ島にある備屋珈琲店に行ったときに感じたのは軽井沢の茜屋珈琲店と雰囲気が似ているということでした。違うのは茜屋珈琲店はビーフシチューやタンシチューが食べられるのに軽井沢茜屋珈琲店にはそういうメニューがないことでしょう。




癒やし系なら江ノ島の備屋珈琲店

スバナ通りにある備屋珈琲店はリラクゼーションにはピッタリなお店でしょう。冬ならシチューが美味しいですし夏はアイスコーヒーが気分です。

内装もシックで落ち着いていますしカウンター席の上にぶら下がってるコーヒーカップの中から好みのものを選べます。スバナ通りは混雑していても備屋さんに入るとほっとします。

もともとスバナ通りは江ノ島に行く人が通る道なのであまり寄り道せずにそのまま江ノ島へ行くのでしょう。

地元の人が多いお店なのかもしれません。向かい側には昔ながらの味のパン屋さんがありますし備屋さんにいると時間がゆったりと流れるような錯覚に陥ります。

江ノ島なので他にもお店は多いんですがリラックス感ではこの備屋がいいと思います。シチューは多少お値段が張りますがそれだけの味なので満足度は高いですね。

お店って不思議なもので流行るお店と廃れるお店があります。以前は片瀬西浜の道路に焼き肉のもくもく亭というお店がありましたが撤退してしまったみたいです。

でもその後に出来たお店がわりといいので場所が悪いというよりもこのあたりだと焼き肉よりも軽食のほうが好まれるのかなぁ!などと感じてしまいました。

江ノ島も頂上に上ればオシャレなレストランがあります。楽しむための基地としては湘南片瀬海岸はオススメだと思います。