2016年4月27日水曜日

ボン・ボヤージュからプチトラベルまで旅行に関して考えてみました

旅への憧れと長旅の疲れ

ボン・ボヤージュという言葉の響きは人気があるようです。歌のタイトルになったり歌詞のフレーズに使われていることがあります。でも実際にボン・ボヤージュは非日常だから人気があるのでしょう。

それに対してプチトラベルはどちらかというと頑張った自分へのご褒美という意味もあったりして日常に近い非日常感覚なのでしょう。

旅行シーズンになると長期旅行からプチトラベルまでいろいろな話題がかわされます。最近若者の旅行離れについて旅行業界では危機感があるわしいのですが旅行シーズンだけは別なのでしょう。


プチトラベルで人気の長崎ハウステンボスのLaura Ashleyルーム

ローラアシュレイルームに泊まりたいという方が多いのが特徴の長崎ハウステンボスの人気スポットLaura Ashleyルームです。ハウステンボスでは唯一の園内ホテル「ホテルアムステルダム」ということなのでさすがに綺麗ですね。

もともとプチトラベルの場合はご褒美をあげたい自分がいるのでいままでのご苦労様という意味で多少は贅沢にしてもいいのかもしれません。

この点が格安海外旅行ツアーとの違いなのかもしれません。格安海外ツアーならできるだけ予算をおさえたいところですがプチトラベルで国内だと簡単に帰ってこれる分旅行先には予算をたっぷりと使いたいのかもしれませんね。

イメージとしてのボン・ボヤージュと現実に行ってみたいプチトラベルの旅行先が違うのも当然なのかもしれません。



いかがでしたか?
あなたはプチトラベル派ですか?ボン・ボヤージュ派ですか?ひとり旅ならプチトラベルでプチリッチな思い出つくりがいいのかもしれませんね。