2017年6月25日日曜日

早朝発箱根行きで朝食を蘆ノ湖の湖畔で


朝の箱根は独特の雰囲気があります。都会とは違い森の香りがするのもその魅力のひとつでしょう。それに箱根には朝食に向いているレストランや美術館がかなりあります。



朝食を箱根で楽しむ

自然の中での朝食ってなかなかオシャレなものです。とくに箱根はもともとリゾート地としては高級感がありますし・・・

美術館が多いのも箱根の特徴なのかもしれません。箱根の美術館へ行ったから美術品を鑑賞するというワンパターン思考では毎日の日常生活もとかくワンパターン化しやすいものですね。

心理学には転地療法というものがあるようです。転地で気分を変えるわけですから今の気持ちをよりリフレッシュさせたいところでしょう。

自然の中の香りには心をリラックスさせる有効成分が空気中に放散されているらしいんです。だから森林浴も有効な働きをするのでしょう。ただ森へ行くのが時々だとその効果も持続しないのかもしれません。

箱根は御殿場から近いので早めに出れば蘆ノ湖の湖畔での朝食や仙石原の美術館での朝食が食べられたりもします。

実はこの効果が心に微妙に作用するらしいんです。心がリフレッシュされるようですね。自宅での朝食も楽しいんですが時々は転地療法的に箱根での朝食を楽しみたいですね。