2017年5月6日土曜日

アンティークテイストな家具を吉祥寺で探す




最近人気のアンティークテイストな家具ですがいろいろなパターンがあるようです。普通地方都市ではアンティークショップと古着屋や古道具屋などの違いはあまり明確ではないような気がします。



くつろぎと癒やしを感じさせるアンティークテイストな家具

御殿場にもアンティークショップがありました。サンサンプラザという商業施設の中にあったのですがちょっと前に閉店してしまいました。御殿場ではそれほど売れなかったのかもしれません。静岡の清水町へ移転したらしいんです。

探せばいい物がありましたが意外とお値段が高いようでした。ご縁があったら購入したいと思っていたらそのアンティークショップのフロアがお引越し中で閑散としていたのでびっくりしました。

お店の入り口に移転のために閉店いたします!などのご案内が貼ってあったので御殿場でアンティークは難しいのかもしれないとかってに思っています。

とはいえアンティークな家具とかインテリアには落ち着きを感じさせる癒やし系のリラックスムードが満載ですね。

とくに驚くほど古いペン立てとかわけのわからない古い電球とかがありましたが実際には日常使いになるのかはなんとなく疑問を感じたりして・・・

新しい物よりもアンティークテイストな家具や照明器具を選びたい

問題は照明器具でしょう。以前に海外物の照明器具を購入したのですが電球ってわりと切れます。その電球が意外と入手しづらい面があって国産品でないと不便みたいです。

デザイン的には国産の照明器具はあまりオシャレではない気がします。でも電球の球が切れたときに簡単にカインズホームなどで手に入るのでこういう消耗品の調達まで考えなければなかなかデザインだけでは海外のオシャレな照明器具を買えません。

以前に電球の球が切れたときに町田の東急ハンズで買えたのですが時代が時代なので東急ハンズでの取り扱いがなくなってしまったみたいです。

オシャレと日常使いが微妙に難しいのが海外物の照明器具なのかもしれませんね。