2017年5月24日水曜日

東山湖もそろそろなのか!



一年中やっているわけでもないのが東山湖のフィッシングセンターです。水温が上がるとアオコが発生しかなり湖が汚くなります。それに風向きによって変なにおいがしたりすることもあります。



シーズンオフの夏は東山湖もひっそり

冬のシーズンには魚がたくさん釣れるようでした。もっとも釣りの趣味がないので魚釣り好きの方の気持ちはわかりません。寒い日や強い雨の中でも熱心に何時間でも魚を釣っている姿は不思議な感じを受けたりもします。

東山湖も桜祭りまでがいいね!
夏場は休業する東山湖ですがその頃は水を抜いて東山湖自体を乾燥させるようです。乾ききった東山湖なのに水が・・・というのは猛烈な台風の影響の時ぐらいなものです。

ここで魚を販売してくれると助かるんですが魚を釣るための施設なのでニジマスとかいろいろ気になる魚を販売している気配はありません。軽井沢の虹鱒養殖場で一度虹鱒のアライを買って食べた事があります。これはとても美味しかったですね。

なぜか信州は鯉が美味いんです。佐久の鯉は有名ですが軽井沢のスーパーのつる屋でも鮮魚売り場の中で鯉を調理しているのをみることができます。それぐらい鮮度のいい鯉は美味いんです。

ところが東京までその鯉を運んでくると鮮度が落ちてなんとなくシャッキリ感が無くなってしまいます。一度本場で鯉を食べると東京では食べる気がしなくなります。

とはいえ御殿場なので山梨県のスーパーの荻野御殿場店でも鯉は売っていないですね。どちらかというと沼津港が近いので沼津港直送というのが鮮魚売り場の売りなのでしょう。
御殿場でスーパーというとアオキがあります。わりと高級なスーパーだといわれていますが輸入品が多いのと価格帯がちょっぴり高めなのは素材にこだわっているからなのかもしれません。

ということは御殿場で虹鱒のたたきは食べられないということのようです。美味しい物でも旬のものは産地でなければ難しいのかもしれません。

東山湖は夏の間は置いておくとしてすぐ近くにあるYMCAでカレーを食べるのも楽しいことのようです。というのも割りとお手軽価格だからという理由もあります。

大勢の宿泊客が泊まっている日はここのカレーは外部の人には食べられないということになっています。人数が多いと対応できなくなるからなのでしょう。